RUSTY OF HAPPY CLARICE JP

アクセスカウンタ

zoom RSS バンコクへ行ってきました2011(2日目その2)★

<<   作成日時 : 2011/09/11 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昼飯時となり、ウイークエンド・マーケット内の食堂での食事も良かったのですが、
かなりの高温・多湿だったので、いったん冷房の効いた涼しい場所へ移動することに。
マーケットに隣接するJJモール内のフードコートへと足を延ばします。
画像


フードコートを利用するには、専用のカードをチケットカウンターで購入する必要があります。
任意の金額を渡すとその金額がチャージされたカードが手渡されますので
利用したいお店でカードを渡すと、その商品の金額分が引き落とされるシステムです。
カードの残金は払い戻し窓口に持参するとそこで精算してくれます。
我が家はとりあえず2人分として200Bをカードにチャージしてもらいました。
画像

画像


さとのチョイスはカオカームー(豚足煮込みかけご飯)で40B(104円)と10B(26円)のミネラルウォーター。
YURIはさとの注文が入る前に食べ始めていた(写真なし)パッタイ(タイ式焼きそば)を45B(117円)と
同じくミネラルウォーター。
二人分で合計金額は105B(273円)になり、カード内にはまだ95B(247円)の残金がありましたが、
記念にカードを日本まで持ち帰り、払い戻しはしませんでした。
画像


優雅なランチタイム?を満喫し、再びウィークエンド・マーケットへと戻ります。
といってもおおよそ見終えた感があったので、駅に向かう道程のお店をのぞきながら歩きます。
JJモールの目の前、さっきのペット関連エリアとは離れた場所に熱帯魚や金魚のエリアがあり
カメやザリガニなんかも売っていました。
画像

画像


ウィークエンド・マーケットの奥のほうに来てしまったので、引き返すのも面倒なため
帰りはMRTを利用してホテルまで戻ることにしました。
駅はガムペーンペット駅(กำแพงเพชร)になります。
画像

画像


ホテルの最寄り駅であるBTSのアソーク駅と連絡しているスクムビット駅で降車すれば
ホテルまでは目と鼻の先です。
画像

画像


MRTの全ての駅にはホームドアが設置されています。
このあたりは日本の地下鉄よりも進んでいるかも…。
なお、MRTの設置工事費はその大部分を日本の円借款でまかなっているそうです。
ちなみにMRTにも『ストアバリューカード』というICチップ内蔵のプリベイトカードがありますが、
「Suica」⇔「PASMO」のような互換性はないみたいです。
今回の旅行でMRTは利用頻度が少ないだろうと考え、カードは購入せず。
画像


ホテルに戻り、マーケットで購入した土産品などを部屋でいったん整理して
15時半過ぎに再び外出しました。
前回の訪タイ時はパッケージツアーだったこともあり、1日のバンコク市内観光がセットされていました。
しかし、今回はまったくの個人旅行であり行きたいところがあれば自分で手配する必要があります。
「どうしてもアユタヤに行きたい」というYURIからのリクエストがあったものの
個人で行くのはちょっとアクセスも悪く距離も離れている場所…
そういう時は現地発着ツアーに参加してしまうのが一番だろうということで
ウィークエンド・マーケットから帰ってきて参加できるツアーを日本で予約していたのです。
今回利用したのはウェンディーツアーさんの
「アユタヤライトアップツアー」で参加費用は夕食付きで大人1名1300B(3380円)とリーズナブル。
夕方16時半出発ということもあり、午前中が自由に使えるという利点もありお願いしました。
再びアソーク駅からBTSに乗り、3つ先のチットロム駅(สถานีชิดลม)に向かいます。
あいかわらず渋滞中のスクムウィット通り。
画像


チットロム駅前の工事現場に掲げられていたタイの国王と王妃の肖像。
現在のタイの国王はラーマ9世(รัชกาลที่ ๙)といいプミポン国王とも呼ばれていて御年83歳。
王妃はシリキット(สิริกิติ์)さんといい御年79歳。
お二方ともタイ国民には絶大的に敬愛されており、至る所に国王・王妃の肖像が掲げられています。
画像


もうすぐバンコクに日本の「ユニクロ」がオープンするとのことで大々的なプロモーションも行なっていました。
画像


アユタヤライトアップツアーの集合場所であるインターコンチネンタルバンコクに到着。
画像


タイは非常に信心深いお国柄で、大きなホテル・ショッピングセンター・ビル等の前には
たいてい祠があり、神仏像や祭壇が設置されています。
画像

画像


インターコンチネンタルホテルからツアー会社の送迎車に乗りアユタヤに向かいます。
参加者は我が家のほかに関西方面から来たと思しき若い女性二人組みのみ。
約1時間半ほどでアユタヤに到着しますが外はまだ明るく、
暗くなって遺跡がライトアップされるまで先にレストランで夕食をとりました。
ツアー会社が案内してくれたお店はルアン・ロッジャーナレストラン
画像

画像


ここは日本人ツアー客の御用達になっているお店のようで、
「JTB」「HIS」と書かれた送迎車やバスが次々に到着し、気がつけばお店の中は日本人だらけ…
お店の中からはアユタヤ世界遺産のひとつ「ワット・ラチャブラナー」も見えます。
画像


運ばれてきた本日のディナー。
真ん中がタイ料理定番のトムヤムクン、そのまわりに空芯菜の炒め物や揚げ春巻き、
鶏肉の炒め物etc…がセットになった内容。
「玉ねぎの量がちと多いんじゃねぇの(二人ともあんまり得意ではなく、YURIは特に!)」
という感想ではありましたが、ツアーでセットの食事の割りに味はそんなに悪くない。
飲み物はテンモーパン(แตงโมปั่น)、いわゆるスイカシェイクをチョイス。
タイに来たらマンゴーもいいけどこれは必ず抑えておきたいオススメの飲み物です。
ただ、飲み物はツアー代金に含まれておらず自腹となりますが、ここではどうしても観光客料金。
1杯90B(234円)だって〜、お高くってちょいびっくり
画像


ライトアップされたアユタヤ遺跡はサムロー(รถสามล้อ)に乗って巡ります。
それがこれ↓、いわゆる人力車。
画像


二人並んで乗ってみたが、けっこうせまい…
昼間のツアーならエレファントライドで象に乗りながら見れたらしい…。
どっちが良かったかな?
画像


持っていったデジカメは夜景の撮影が苦手なようでどれもイマイチ…。
まあまあ上手く写った遺跡の写真以外は犬とかトゥクトゥクとかどうでもいいものばかりでした。
何しに行ったのでしょう。
画像

画像

画像

画像

画像


アユタヤライトアップ観光を終え、バンコクに向かう途中で大雨が降ってきました。
ホテルに到着してから夜の繁華街散策はあきらめ、
ホテルのすぐ近所にあったラヴァナ・バンコクというお店でタイ古式マッサージを受けてから就寝。
ちなみに高級店だったのでマッサージ料は120分で700B(1820円)+チップ100B(260円)。
日本で120分タイ古式マッサージを受けるとおおよそ8000〜10000円くらいかかるので
高級店とは言えど日本の金銭感覚からはリーズナブルでした。

3日目に続きます…



るるぶタイ・バンコク’12 (るるぶ情報版海外)
ジェイティビィパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶタイ・バンコク’12 (るるぶ情報版海外) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

セクシーバック♪
手作り帽子 Ruamukan ルアムカン
Ruamukanの商品について ルアムカンの商品は、 すべて1点1点 手作りで製作しています。 サイ

楽天市場 by セクシーバック♪ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

タイ・バンコク チューズリーショップランジェリーケース【スポーツ・ジム・プール・旅行】CZB100 ピンク
アジアンショップNaNa
商品説明サイズ縦27cm x 横33cm x マチ9cm(中 巾着・ファスナー付きポケット)カラーピ

楽天市場 by タイ・バンコク チューズリーショップランジェリーケース【スポーツ・ジム・プール・旅行】CZB100 ピンク の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
バンコクへ行ってきました2011(2日目その2)★ RUSTY OF HAPPY CLARICE JP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる