RUSTY OF HAPPY CLARICE JP

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も遅い夏休みin Guam(2日目)★

<<   作成日時 : 2010/12/10 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グアム到着翌日のメインイベントは結婚式
しかし、式は午後からだったので早速早朝から行動を開始します。

毎週、土日のみ開催されている「デデトの朝市(Dededo Frea Market)」に行くため朝市シャトルのバスを利用。
各主要ホテルを循環してマーケットに送迎してくれますが、料金は片道3ドル。
但し、今回はJTBの特典カードがあったため滞在中のシャトルバスは基本的に無料でした。

画像


日用雑貨から食料品、ペットからこんなもの誰が買う…?といったものまで
いろいろなものが売られています。
ただ、土産物になるようなものは正直なところあまりないので、ローカルな雰囲気を味わうのと
買い食いをするのを目的に行ったほうがいいでしょう。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


早速、YURIが食いついたのが「豆腐花(トウファー)」というアジアンデザート。
いわゆる、豆腐を甘いシロップで食べるデザートで日本でも「糖朝」なんかで食べられます。
シロップは冷たいもの、温かいものがありますがこの店のシロップは温かいほうでタピオカも入っていました。
グアムにはアジア系の住人も多数おられるので、こうしたものもごく普通に売っているようです。

画像

画像

画像


朝だというのに串焼きBBQも至る所で売られていて、チキンとポークがあり1本1ドル。
味は甘辛い、照り焼き風な感じです。

画像

画像

画像


ペット関連では、おそらく売り物であろうダルメシアンの子犬たちや
パッキングされた状態でグッピーやネオンテトラなどの熱帯魚なんかも売られていました。

画像

画像


午前7時過ぎに朝市にやってきたものの、帰りのシャトルバスは8時過ぎに出てしまい
それを乗り過ごすとタクシーしか帰宅手段がないため、小一時間ほどで退散します。
ホテルに戻り、あらためてホテルの敷地内を散策。

画像

画像

画像

画像


それでも結婚式までにはまだまだ時間的余裕があったため、再び出かけることにしました。
滞在中の足として利用したのが「タモンシャトル」。
タモン地区の各ホテルとショッピングスポットを循環しているバスで買い物の足には便利です。

画像


8〜10分程度の間隔で運行しているようなので、ちょっと待っていればすぐにやってきますし
他のバスともしょっちゅうすれ違います。

画像


ちなみに、タモン地区は数多くのホテルやショッピングセンターのある
グアム中心地とも言える場所ですが、メイン道路の幅も狭くけっこうのどかな感じです。

画像


とりあえず、午前中の時間潰しでやってきたのは「マイクロネシアモール」。
この時期、ショッピングセンターやホテルに「Season's Greetings」という飾り付けがなされており
ここにもこの表記がありました。
一般的にはクリスマスを祝う言葉として捉えられているものの、多民族国家の米国では、
最近はキリスト教徒以外の人に配慮して「クリスマス」という言葉を避ける傾向があるため
「Merry Christmas」ではなく、このような表現を用いるそうです。

画像


いろいろなお店を散策したあと、お昼近くになったため
この中のフードコートで軽く昼食を取ることに。
午後からの結婚披露宴でも食事をするので適度な量?にしておきます。
私は「スー・アンド・ハワイ(SUN HAWAII)」というお店で「2 Choice Lunchi」にしました。
レッドライスというローカルな赤いご飯におかずを2品つけて6.95ドル。

画像


YURIは「タコベル」というお店でタコスとブリトーのセットを注文。
これもドリンクつきで6ドルくらいでどちらもリーズナブルなお値段でした。
ちなみにタコベルはアメリカのファストフード店で日本には米軍の横須賀基地内にお店があるらしい…。

画像


昼食後、ホテルに戻ってから結婚式に出席するための正装に着替えます。
といっても男性はアロハシャツ着用でしたので堅苦しさはありませんでした。
式場はホテルの敷地内ですが、移動は専用バスに乗ります。
初日の送迎バス、シャトルバス、そしてこのバスの車体のどれにも
「LAM LAM TOURS」という社名が書かれており、ちょっと気になって調べたら
JTBのグループ企業だそうです。

画像


新郎新婦の到着を待つ参列者。
ごく身近な親族だけなので、両家合わせても総勢14〜5名位の少人数な式でしたが
それがかえっていい感じの式・披露宴になったと思います。

画像


結婚式途中の写真撮影はご遠慮くださいとのことだったため
新郎新婦が式場に到着したところ、式場を出るところのみアップ
ご結婚おめでとうございます

画像

画像


披露宴会場のレストランに場所を移動し…

画像


ウエディングケーキ入刀

画像


お待ちかねのお食事
前菜は「彩り豊かな野菜とキノコを甘いトマトで煮込んだラタトゥーユと
本日の自家製スモークの一品プチバケット添え


画像


続いて「アボカドと新鮮魚介のタルタル仕立て 香り豊かなエストラゴン入り
オーロラソースで


画像


スープは「ポテトとトウモロコシのスープ冷製仕立て

画像


魚料理は「ローカルバジルをふんだんに使った香草ソースでいただく本日の採れたて鮮魚
サフランのリゾット添え
」でお魚はシイラ(マヒマヒ)でした。

画像


お口直しのソルベを挟み、肉料理は「特選牛ヒレ肉のポワレ、ディジョン産粒マスタードと
イタリア産ポルチーニを交ぜ込んだキノコバターをのせて3種の野菜グラタンと共に


画像


デザートは「南国マンゴーを使ったヌガー・グラッセ、ほろ苦いクリームキャラメル、
コーヒージュレのセピア仕立ての一皿
」、
そしてウエディングケーキとチョコレートファウンテンもありました。
朝昼とちゃんと食べたというのにもかかわらず完食させていただきました

画像

画像


結婚式・披露宴が終了後、新郎新婦を含めた若手?のみで夜の街へ…。
新郎兄が仕事の関係で翌日に帰国してしまうため、本人たっての希望から
実弾射撃のお店「USA GUN CLUB」へ行きました。
日本では法律上経験できない訳で、何か悪いことをしているのではないかという
後ろめたさが若干あるものの、撃ち終わったあとはとりあえずみんなで記念撮影。

画像


マシンガンにテンションの上がる新郎。

画像


場所はPICホテルの向かいにある
1階にABCストアのあるビルの2階です。
ヒルトンホテルからは無料送迎のタクシーが出ていたので、
近隣のホテルにも同様のサービスがあると思います。
値段は撃つ銃の種類にもよりますが、22口径の拳銃やショットガンなどセットで
80〜100ドルくらいです。
まあ、殺人兵器ですし戦争や事件のことを考えると複雑な心境であまりオススメはしませんが
日本の温泉地にある射的の延長と考えれば…。
そんなことを多少考えながらも、射抜いた的をお店の人が採点してくれるのですが
私は的の中心部をかなりうまく何発も打ち抜いてしまい
「A+」という採点評価をもらってしまいまして、外人の店員から片言の日本語で
「ユー、人殺し、山○組のヒットマン」などといわれてしまいました

画像


という訳で3日目に続きます。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年も遅い夏休みin Guam(2日目)★ RUSTY OF HAPPY CLARICE JP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる