RUSTY OF HAPPY CLARICE JP

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ散策1日目(その1)★

<<   作成日時 : 2009/11/29 03:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回のツアー、「ロワール古城」と「モン・サン・ミッシェル」の世界遺産観光までは団体行動で
残り3日間のパリ滞在中は自由行動となっています。
今日はその1日目、ホテルで朝食を済ませてから地下鉄に乗って移動します。

画像

パリの地下鉄はパリ市内どこに行っても€1.60の一律料金です。
ホテルの最寄り駅は地下鉄4号線のポルト・ド・オルレアン(Porte d'Orléans)。
ここから地下鉄に乗りますが、今後の地下鉄の使用頻度を考えて
窓口で10枚つづりの回数券カルネ(Carnet)を購入。
地下鉄だけではなく、バスやトラムにも使用できる優れものです。

画像

まずはシテ(Cité)駅で下車。
ここは、セーヌ川の中洲にある「シテ島」という場所にある駅です。
駅を出ると目の前にすぐある建物が、パリ警視庁(Préfecture de Police de Paris)の本部。

画像

そこから歩いてほんの数分の位置にあるのが、まず最初の目的地である
ノートルダム寺院(Cathédrale Notre-Dame de Paris)です。
うーん、またまた教会だ…
今回の旅行はヨーロッパだから仕方ないか。
画像

教会内部はいかにもゴシック建築といった造り。

画像

建物正面にある中央部の丸い窓を「バラ窓」といい、
内部から見るとこのように見事なステンドグラス。

画像

ノートルダム寺院を出て、“さと散歩”を再開。
セーヌ川(Seine)にかかるアンコール橋を渡ります。
右側に見える場所はシテ島と同じく、セーヌ川の中洲にあるサン・ルイ島(île Saint-Louis)。

画像

橋を渡ると見えてくるパリ市庁舎(Le nouvel Hotel de Ville de Paris)。
ネオ・ルネッサンス様式の建物でフランス革命の際には革命軍の本拠地になった場所。

画像

セーヌ川沿いをしばらく散策しながら歩いていきます。

画像

画像

画像

到着したのはルーブル美術館(Musée du Louvre)。
芸術とは無縁と思われがちですが、パリに来たらとりあえずは行っておかないと

画像

映画「ダ・ヴィンチ・コード」でもおなじみのガラスのピラミッド裏手にエスカレーターがあり
そこから館内に入場します。
観光シーズンの時は、このピラミッドの前で長蛇の列になるそうですが
この日はガラガラ、すんなりと入場できました。

画像

エスカレーターを下ると、そこは広いホール(ナポレオンホール)になっており
ここで入場チケットを購入してからそれぞれ目的の美術品を見に行くのですが、
とにかく広いので、やみくもに歩き回っても目当ての作品にたどり着くのは難しいです。
様々な国々から来る観光客のために、各国の言語の館内見取図パンフレットが用意されており
もちろん日本語のものも用意されています。

画像

美術館には珍しく、館内はフラッシュさえ焚かなければ写真撮影OKです。
(しかし、フラッシュ禁止の看板を全く気にせず撮影している観光客が結構多かったですが…)
とりあえずは、ミロのヴィーナス(Vénus de Milo)の彫像を見に向かいます。
その途中に見えてきたのが、サモトラケのニケ(Victoire de Samothrace)という彫像。

画像

“ニケ”とは、ギリシャ神話に登場する勝利を表す女神のことで、
運動靴のナイキ(NIKE)の名前はここから由来しているそうです。

画像

で、やってきましたミロのヴィーナス。
ギリシャ神話に出てくる女神アフロディテの彫刻と言われているそうですが
腕は見つかっておらず、実際はどのような姿だったのか興味深い作品です。
ちなみに余談ですが、平成10年11月22日に我が家が挙式した結婚式場もアフロディテというところです

画像

あんまり、後ろからのショットは見たことがなかったので撮影してみました

画像

そのあとで見た、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作と言われるモナリザ(La Joconde)の絵。

画像


観光客は小さな絵にこんな感じで群がっております
画像

ジャン-オーギュスト-ドミニク・アングル の作品、「グランド・オダリスク( Grande Odalisque)」。

画像

ドラクロワの作品、「民衆を率いる(導く)自由の女神(La Liberté guidant le peuple)」。

画像

「目には目を、歯には歯を…」で有名なハムラビ法典(Code of Hammurabi)の石碑。

画像

名画の贋作を人前で堂々と作成する老人

画像

ルーブル美術館は建物自体も芸術品です。(これは室内の屋根)

画像

ルーブル美術館の中庭。

画像

画像


と、このあたりでお腹が空いてきたこともありランチのために美術館を後にすることに。
続きはその2で…





ラヴェル:ボレロ、他
EMIミュージック・ジャパン
クリュイタンス(アンドレ)

ユーザレビュー:
全てにおいて、秀才的 ...
リクツも歴史もやめま ...
その真価に改めて納得 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

パリ・オペラ座バレエ「シルヴィア」全2幕 [DVD]
クリエイティヴ・コア

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




マキシム・ド・パリ クッキーMAXIMS DE PARIS アソートクッキー 6種類×各4枚 24枚入
MAXIMS DE PARIS マキシム ド パリ
丁寧に時間を掛けて作り上げたクッキーを1つ1つ包装してアソート致しました。サクサクのクッキーを6種類

楽天市場 by ウェブリブログ

Les Parfum de Rosine Paris パルファン・ロジーヌ・パリフレグランス ゼスト・ド・ローズ EDP SP 50ml
DIVA お洒落で小さな百貨店
新しい"ゼスト・ド・ロジーヌ"は、シトロンの香りがアクセント、びっくりするほど、

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリ散策1日目(その1)★ RUSTY OF HAPPY CLARICE JP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる