RUSTY OF HAPPY CLARICE JP

アクセスカウンタ

zoom RSS お月様へ帰った せさみ・・・★

<<   作成日時 : 2006/09/19 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

画像


私たちがタイより帰国した翌日、セサミはお月様へ旅立ちました。
5歳6ヶ月の命でした。
突然の出来事でまったく気持ちがついていけず、涙が止まらない
日々でした。
ようやく気持ちの整理ができてきたので、ここにUPします。
セサミに何が起こったのか書き記すことは、いまうさを飼っている皆さんの
参考になると思うので長くなりますがおつきあいください。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・

9月8日
牧草の食いが少し悪くなる。硬い茎を食べなくなった。
でもこれは今までにもあったこと。嫌いな牧草は残すことがあったので
いつものことだな、と思う。
ペレットはいつものとおり、あげるや否や完食。

9月9日
前日と変わらず。少しペレットを食べるスピードが落ちた。
柔らかい牧草だけを選んで食べる。水を飲む量が若干減る。
換毛期なので毛球症気味なのかと思い、鉱物油を食べさせる。

9月10日
今日からペットホテル(うさぎ専門店)にお泊り。
朝はペレット完食。牧草は相変わらず柔らかいもののみ。
ホテルに預ける際、現在の状況をお伝えする。
牧草も好みのものを持ち込み、食いが悪い時にはこれをあげて欲しいと
お願いする。
状況によっては病院へ連れて行ってほしいともお願いする。

〜3日間ホテル泊〜

9月14日
ホテルに夕方18時頃お迎え。
牧草食べてない。ペレットもあまり食べてない、とのこと。
便もあまり出ていないようだった。
「できればすぐに病院へ行ったほうがいい」とお店の方が言う。

帰宅。
自分のケージに戻れて少し安心した様子。
でもうずくまっているのと、よだれがいつもより出ているのが気になる。
少し落ち着かせるために離れる。

30分後様子を見る。
お水を飲みたそうにしているのだが、飲めない。なぜ?
目が見えてないのか?抱えて目を見てみる。左目の様子がおかしい。
反応が鈍い。元々左目の角膜に傷があるので、少し前に病院で
いただいていた目薬を差してみる。
お水はシリンジで与えてみた。ちゃんと飲んだ。
パイナップルの固形のおやつをあげるとひとつ食べた。
飲み込むチカラはあるから大丈夫と少し様子をみることに。

少し経って様子を見る。特に変化なし。
抱っこを喜ぶ。床に置いてみると嫌がり、膝に飛び乗ってくる。
飛び乗れる元気があるなら大丈夫とまた様子をみる。

眠る前に様子を見る。耳が熱い。熱がありそうだ。
でもうずくまってはいない。リラックスした状態でいる。

9月15日
AM8:00 様子をみる。
何も食べてない様子だが、昨日より元気に見える。
ケージの扉を開けると「なでなでして」といつものように顔を出す。
いっぱいなでた。
私は自分の病院に行かなければならなかったので病院へ行く。

AM10:30 病院より帰宅。
セサミを病院に連れて行く支度をする。
さとにキャリーに入れるよう頼むと「おかしい!肩で息をしている」とのこと。
急いで病院へ。

AM11:00
病院は混んでいたが、事情を説明しすぐに処置をしていただく。
上手に呼吸ができないので高酸素BOXに入れられる。
先生からの説明があった。
呼吸困難だったので胸水が溜まっているのを心配しとりあえずその部分だけ
レントゲンを撮ったが異常がないとのこと。
よだれが多いので口腔内の異常があると思うが、今の状態では何もできない
こと。血液検査も無理。酸素BOXでしばらく様子をみて落ち着いたら検査に
入る、とのこと。
先生にすべてお任せし、一旦帰宅。

PM0:55
状態がよくないので、すぐに来て欲しいと病院より。

PM1:30
病院着。午前の診察が終わり、患者さんは誰もいない。
診察室奥へ入れてもらう。酸素BOXに入ったセサミと対面。
苦しそうにもがいている。楽な姿勢をとろうと頑張っている。
私たちが来たことが分かったのであろう、一生懸命に元気な素振を見せる。
苦しいのに時折立ち上がってみたりする。
そんな姿に涙が止まらなかった。
「落ち着けば何らかの処置ができるが今のままでは難しい」と、先生。
なでさせて欲しいとお願いする。酸素BOXを開けると苦しくなってしまうのは
分かっていたが、セサミはここに閉じ込められているより撫でられるほうが
好きだと分かっている私は撫でる方を選んだ。
「頑張って」としか言えない自分がふがいない。
診察を待つ他のうさぎちゃんがいたので、一旦病院を出ることにした。

PM2:16
病院を出て10分も経たないうちに「急変したのですぐに来てください」と
連絡あり。
急いで駆けつけたが間に合わなかった。
セサミはひとあし早く旅立っていった。

呼吸停止後に先生が口の中を見たところ、上顎に大量の膿が溜まっていた
とのこと。おそらくこの膿が鼻管を圧迫し、呼吸困難になってしまったのだろう、と。
ただ病状の進行が突然だったので、元々脳に腫瘍があったのかもしれない、と。

私はただただ涙が止まらなくて「ごめんね」と撫で続けるしかなかった。
病院から葬儀の会社に直接お願いして、引き取っていただくことが出来たが
どうしても家に連れて帰りたくて、タオルに包んでもらい抱いて帰ってきた。

家から葬儀社に連絡をし、お迎えにきていただくことにした。
それまではたったの1時間ちょっとしかない。
ずっと抱いていた。セサミは目が開いたまま旅立っていったので
なんだかいつものように抱っこをしているような気になった。
独り言だけれど、いろんな話をした。きっと聞いていてくれるだろうと思って。

お迎えの方がきた。
お花さえも用意してなくて、寂しい棺になってしまった。
私と一緒に写ってる写真と、大好きなおやつを入れた。
最後にすこしだけ毛を取った。唯一の形見になった・・・。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・

ごめんなさい。本当に長くなりました。

今は元気でいる3うさに励まされて、元気でいます。
うさたちは本当に敏感で、泣いてばかりいる私を元気付けてくれています。
ぴょんたは芸を披露してくれたり、私のそばに寄ってきて話をじーっと聞いて
ペロペロ舐めてくれます。
コロンは前より悪いことばかりして、私を怒らせることで気を紛らわせようと
してるみたい。
いつもは私に敵対心向きだしのマールでさえ、必要以上に近寄ってきて
「遊ぼう!」と誘ってくれます。

うさを飼って本当によかった。
セサミだけじゃなく、みんながウチの子で本当によかった。
セサミは今頃、お月様で先に旅立っていったお友達と遊んでるんだろうな〜。
私も頑張らなきゃ!

最後になりましたが、生前セサミをかわいがってくださった、愛してくださった
方々に感謝の言葉を申し上げます。

本当にありがとうございました。      2006/9/19 YURI


「なでなでして〜」
画像


「いたずら大好き♪」
画像


ぴょんた:「鬼ごっこしよ。セサミが鬼だよ」セサミ:「あたし、鬼やだよ・・・」
画像


「マール 大好き♪」
画像


画像


See you again, SESAMI




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
突然の事でびっくりしたけど・・・・。
セサミちゃん、幸せな一生を送ったんだろうなって思うよ。本当に大事にされてたもんね。
2回しか会った事のないセサミちゃんだけど、月に帰った事を知った時 涙が止まらなくなっちゃったよ。
セサミちゃんは、さとさん・YURIさんの事をずーっと見守ってくれてるよ☆
ご冥福をお祈りします。
みむ
2006/09/20 09:25
ひさびさにうさかめのBBS覗いてビックリしました。
セサミちゃんお二人にいっぱい可愛がってもらって、大切にされてとても幸せだったと思います。きっとベリンダさんが「セサミちゃ〜ん♪」って呼んで待っててくれてるお月様に行ってるね。
いっぱい泣いた後はマールちゃんたちのためにも早く元気出してね!
ご冥福をお祈り致します。
みんと
2006/09/20 14:32
あまりに突然のことでびっくりしました。
がんばっているセサミちゃんの最期の様子を聞いてセサミちゃんとさとさん、YURIさんの絆を感じました。
そして、残された3うさちゃんのやさしさもすごくわかりました。
セサミちゃんやうさ達と一緒に暮らしてきた毎日はとても大切で、とても幸せですね。
ラスティくんや3うさちゃんとの大切な暮らしはまだまだ続いているのだから、元気をだしてください。
YURIさん、体には気をつけてね。
セサミちゃんのご冥福をお祈りします。
さっちゃん
URL
2006/09/20 16:30
セサミちゃんとっても可愛い。。
読み進むたびに涙が出ちゃいました。
ウサ子もワンと一緒で感情も同じなんですね!
セサミちゃんも最後の最後まで元気な姿を見せてくれたのだからYURIさん元気出して☆
セサミちゃん〜お空からYURIさんのこと笑ってみてるありがとうって。。
ドナ
2006/09/20 19:46
辛い事があったんですね〜
セサミちゃん、5歳でお星様になっちゃった(´ヘ`;)
私も学生の時に父親に隠れて育てていたうさちゃんを、喉におやつで傷をつけ2度の手術でお星様にしてしまいました。
やはり小さい身体の子達、ちょっとした事でも危ないんだと実感していました。
セサミちゃんがいない寂しさを他のウサちゃん達が癒してくれる・・・
それも幸せなことですよね〜

ラスティ君、ウサちゃん達が居てくけるから毎日が楽しいんですものね〜
これから、セサミちゃんはみんなを守ってくれていますね(*^^*)
ごんとびくる太のなぁちゃん
URL
2006/09/20 20:04
辛い出来事でしたね…
でもきっと、セサミちゃんも心から
ラスママさん&ラスパパさん家の子で
よかったって思ってるはずですよ!!
アタシも昨年末にやはり悲しいお別れを
したのですが、セサミちゃんより小さいかな…
綺麗に骨も残ったので連れて帰ってリビングに
壷を置いていますよ。
余りにも短い一生でかわいそうだったので、
これから、いつまでも一緒に居られるように。

でも、優しい他の子たちが慰めてくれて
いる様で、心強いですね!!

そして心より、御冥福お祈り申し上げております…
あちゃ
2006/09/20 21:40
楽しかった旅行の後に悲しい出来事があったんですね。
突然の事でなおさら辛かったでしょう。
でも、セサミちゃんはYURIさんたちが
帰ってくるのを頑張って、待っててくれたんでしょうね。
セサミちゃんを思うYURIさんの気持ちは
必ず届いてると思います。
これからも、お月様から見守ってくれているはず。
お辛いとは思いますが、
ラスティくん、心配してくれるうさちゃんたちのためにも、元気を出してくださいね。
セサミちゃん、安らかに・・・。
うきっき
2006/09/20 22:16
●みむさんへ●
心温まるメッセージをありがとう。
涙までありがとう。
みむちゃんの優しさに感謝します。
お腹のbabyに障ったかな?
babyちゃん ママを驚かしてごめんね。
私はもう大丈夫!みんなでまた仲良くやっていきます★
管理人代理・YURI
2006/09/20 23:19
●みんとさんへ●
心温まるメッセージありがとうございました。
みんとさんとは悲しいことがあると連絡を取り合ってしまいますね…。今度は明るいニュースでお話をしたいです。
お月様にベリンダさんがいるので、私も送り出してから安心してます(^^) 
セサミに「ママいつまでメソメソしてるの」って馬鹿にされないように頑張ります★
管理人代理・YURI
2006/09/20 23:23
●さっちゃんさんへ●
心温まるメッセージありがとうございました。
実は今日会社で話をしてる時も冷静にしてましたが、泣きそうになってました。
元気でいる3ウサ達は私が元気を取り戻すにつれ、またただの「いたずらっこ」に戻ってます(^^; ぴょんちゃんももう芸を披露してくれなくなりました…。こうやっていつもの生活に戻っていくんですね。
みんなとずっと仲良く暮らしていきたいと思います★
管理人代理・YURI
2006/09/20 23:32
●ドナさんへ●
心温まるメッセージありがとうございました。涙をありがとうございました。
セサミはかわいい子でした。私の背中に飛び乗ってきて「お馬さんごっこ」をするのが好きな子でした。背中にセサミを乗せて、四つん這いになっていろいろ探検しました。
ラスティと仲良くできたのもセサミだけです。
これからもセサミの思い出は生き続けます。元気だしてみんなと仲良く暮らしていかなくちゃ!★
管理人代理・YURI
2006/09/20 23:38
●なぁちゃんさんへ●
心温まるメッセージありがとうございました。
うさは我慢強いから病気を見落とさないように気をつけなくちゃと思っていたのですが、セサミの演技にまんまと騙されてしまいました。親思いの子ですよね。
3うさやラスティたちと、セサミの分まで楽しく仲良く暮らしていきたいと思います。
くる太君、元気になったようでほっとしました♪
管理人代理・YURI
2006/09/20 23:46
●あちゃさんへ●
心温まるメッセージありがとうございました。
あちゃさんも悲しいお別れをしていたんですね。大きくても、小さくても、長くても、短くてもお別れは悲しいものですよね。
我が家はお骨はいただきませんでした。多分お骨があると本当に立ち直れなくなると思ったので…。
おかげさまでみんなに励まされて元気になりました。っていうか元気にならないといけないくらい、みんながハイパーなので(^^;
家族ってありがたいですね★
管理人代理・YURI
2006/09/20 23:51
●うきっきさんへ●
心温まるメッセージありがとうございました。
旅行に行ってたことを忘れてしまうくらいの出来事だったし、行ったことをものすごく後悔しました。
でもセサミは「楽しんできてね。私は大丈夫だよ」って送り出してくれたと思えるようになりました。親思いのいい子でした。
私はもう大丈夫です。ご心配おかけしました。残された家族でまた仲良く明るく暮らしていきたいと思います★
管理人代理・YURI
2006/09/20 23:57
YURIさん、大丈夫ですか。
可愛い家族とのお別れは辛いですよね。
なんて言えばいいのか上手い言葉が見つからないのですが・・・。
いっぱい いっぱい泣いて、そうしたらいつか笑って セサミちゃんの思い出話が出来る日がくるよね。


ちよみママ
2006/09/21 01:04
●ちよみママさんへ●
ご心配いただきありがとうございます。
初めてペットとお別れをしたので、こんなに辛いものなのかと実感しました。
実はこの本文も打ちながら号泣してたんですが、不思議とすべてを書き終えると頑張っていこう!という気になりました。
まだ思い出話ができるほどは回復できてないんですが、もう大丈夫です。
ちよみママさんちもミントちゃんとのお別れがあったんですね。くしくもセサミと同じ日のお別れ。縁を感じます。ミントちゃんのご冥福をお祈りいたします…。
管理人代理・YURI
2006/09/21 01:25
YURIさん・・・セサミちゃん、かわいそうだったね。やっぱりペットはこの時がツライけど、YURIさん家には励ましてくれるたくさんのペットたちがいるもんね。無理に忘れる必要はないけど、笑って思い出を語れるように、自然に時が流れるのを待ってみよう!元気出して(^o^)丿
のの
2006/09/21 21:39
●ののさんへ●
ご心配いただきありがとうございます。
命あるもの、お別れは必ず訪れると分かってますが現実となるとツライものですね。
でも日に日に元気になってますよ〜。今日は一度も泣いてないし、もう大丈夫です。
来週会った時に念のため「喝」入れてください★
管理人代理・YURI
2006/09/21 23:20
お久しぶりです。ここに書き込むのは、初めてですが・・・わかりますか?
今日、うさかめで、セサミちゃんの事を知りました。
あまりに突然のことで、驚きました。
そして、”お月様へ帰った せさみ・・・”を読ませてもらいました。
涙が、あふれて、胸が苦しいですね・・・。
セサミちゃんは、うちのオセロとよく似た子なので、とてもひとごととは思えまいから・・。
とってもかわいいセサミちゃん、YURIさんの愛情いっぱいもらって、本当に幸せ者ですね。
今度は、お月様から、YURIさんの事見守って、くれていることでしょう。
あらためて、うさ達と過ごす毎日の大切さを感じました。

YURIさん、お体に気をつけてくださいね。
セサミちゃんのご冥福をお祈りいたします。

桃矢
2006/09/22 00:59
●桃矢さんへ●
心温まるメッセージありがとうございました。優しい涙をありがとうございました。
桃矢さんのこと、ちゃんと分かりますよ。桃矢さんともここのところ、悲しい時にばかり連絡とりあってしまいますね(;_;)
写真を見返していて、レイオセちゃんとメープルちゃんと一緒に仰向け抱っこして撮ったのが出てきて懐かしんでしまいました。セサミだけが「お腹にまでブチがある〜!」って驚きましたよね。楽しかったなぁ。
桃矢さんファミリーはみんなお元気ですか?またゆっくりお話がしたいですね。
私はもう大丈夫です。3うさとラスとその他大勢と仲良く暮らしていきます★
管理人代理・YURI
2006/09/22 01:14
YURIさんへ
バンコクへ旅行というのを聞いていたので、そろそろ、旅の記事が載ってるかしらと拝見しに来たら・・・セサミちゃんの訃報。一緒に暮らしてきた家族だもん、寂しいね。
私は会えなかったけど、セサミちゃんはYURIさんのトコで育てられて幸せだったと思います。そして、YURIさんも・・・。
たくさんの思い出を大事にしてください。
セサミちゃんには月でのお餅つきを頑張ってもらいましょう! 十五夜で会えるかもです。
るりるり
2006/09/22 23:01
るりるりさん 心温まるメッセージありがとうございました。
4羽が3羽になって1週間。慣れないことだらけです。今でもご飯やらペットシーツを4セット用意してしまいます。間違えたことに気づくときがいちばん切ないですね…。
でも3羽が足りないものを埋めるように、楽しませてくれるので助かっています。
十五夜でセサミに会えるといいな。お月様をガン見しちゃおうっと。
管理人代理・YURI
2006/09/23 01:28
何回もこの記事読ませて頂いていました。
家も自分の不注意から医者に行くのが遅れて
危うくお月様行きになるところでした。
セサミちゃん、とても残念でしたね。
悲しくて苦しかったでしょう、。YURIさん。
でもこうやって書いて下さったおかげで、
”食べない”理由にも色々あることを知りました。
ありがとう。それに書くと気持ちの整理にもなりますね。素人なので判らないんですけど、レントゲンで膿の有無は判らないんですね?。。
お医者さんもすぐに呼んでくれたりで、親身だったとは思いますけれども、うさぎさんの病気を見つけるのは本当に至難の業だと実感しました。ひとつの命って凄く重いですね。でもこれからも元気に暮らしてくださいね。
yuu
2006/09/24 12:02
●yuuさんへ●
はじめまして。コメントありがとうございました。
私がここに書き記したことの意味を分かっていただけて、とても嬉しく思います。「悲しみを共感して欲しい」のではなくて「何があったかを知って欲しい」ということだったもので…。
レントゲンの件ですが、病院へ連れて行った時には落ち着いてレントゲンを撮れる状態ではありませんでした。胸部のレントゲンも無理矢理撮ったものです。じっとしていられなかったのです。うさぎは痛みで急に思いがけなく動きますから、レントゲンも採血もプロのお医者様でも「危険」と判断されました。このことについては私は病院に対して何の不満もありません。
うさぎは草食動物特有で本当に辛いところを見せませんね。日頃の何気ない仕草を見落とさないようにお互い気をつけなくてはいけませんね!
yuuさんちのうさちゃん、無事に元気になられたようでホッとしました。いろいろ大変でしたね。yuuさんの愛情がうさちゃんに伝わったのだと思います。これからも大事になさってくださいね☆

管理人代理・YURI
2006/09/25 01:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お月様へ帰った せさみ・・・★ RUSTY OF HAPPY CLARICE JP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる