RUSTY OF HAPPY CLARICE JP

アクセスカウンタ

zoom RSS バンコクに行ってきました(その1)★

<<   作成日時 : 2006/09/16 02:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

前回お伝えしましたとおり、国外逃亡から無事に帰って参りました。
ラスティはお留守番でしたが、ちょっとだけ旅の出来事をアップします。

ホントはラスティも連れて旅行に行ければいいんでしょうが、
海外赴任にでもならない限り、現実的にはちょっと無理ですよねぇ…。
と言う訳で、ラスティは空港近くにあるペットホテルでお留守番。
お預かりをお願いしたのは、去年のマレーシア旅行でもお世話になった
「マキ」さん(http://www.pet-hotel.net/)。
成田空港の出発ターミナルにラスティを迎えに来てくれました。
画像

ラスティとはここでしばしのお別れです。
去年は別れ際まで飼い主をまったく無視していましたが、
今年はいくらか不安そうな様子でした。
(あとで聞いた話では、お留守番中遊んでくれとかなりしつこかったみたいで
飼い主は居なくても、遊んでくれる相手さえ居れば良かったみたいです…)
画像

案内表示の上から2番目にあるバンコク行きの便で出国です。
約6時間ほどのフライトなので、タイ到着は深夜になりました。
(日本との時差は−2時間なので、ホテルに着いたのは現地時間の23時頃です)
画像

ホテルは「ロイヤル・オーキッド・シェラトン・ホテル&タワーズ」http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/overview/index.html?propertyID=172
というところを利用しましたが、私たちの部屋はそこの22階でした。
「チャオプラヤー川」というタイの中でも大きな川のほとりに建っていますが、
翌朝一番に部屋の窓から見た景色はこんな感じでした。
ちょうど雨季の時期でもあり、川は泥のせいでだいぶ茶色に濁っています。
ですが、においはそんなに臭くありませんでした。
画像

今回の旅行は、ホテルと航空券がセットで空港ホテル間は送迎をしてくれる
基本的に旅行中はまったく行動自由なフリープランだったのですが、
無料で市内観光のオプションで付けられるとのことでした。
しかも『昼食・夕食にタイ古式マッサージ付!』とのこと。
この甘い誘いに我が家はまんまとのっかってしまい、
初日は現地ガイドさんの案内で一緒に観光へ出かけることにしました。
(土産物屋に寄ることで、旅行会社がお店からマージンを貰っているので
無料でもこうしたツアーが催行できるんです。
でも、今回は紹介しませんが食事の内容がかなり良くって参加して正解でした)

バンコク市内観光の中心と言えば、やはり「寺院」です。
正直、私はまったくと言っていいほど興味がありません。
それはともかく、観光に向かう途中で偶然火事の現場に遭遇しました。
画像

部屋の窓から煙が立ち上っているのがわかりますか?
結構野次馬が集まっていましたが、結局どうだったんだろう?
画像

まず最初に行った場所は「ワット・アルン(暁の寺)」というお寺です。
渡し船に乗ってチャオプラヤー川の対岸まで渡り入場します。
画像

船着場にある土産物屋のソファーに寝そべっていた犬。
我が家と同じく、ソファーがボロボロにされています。
どこの国でも犬はソファーを破壊する動物なのですね♪
画像

お寺の中に居た犬たち。お寺の中には犬がたくさん居ました。
タイでは家で飼えなくなった犬はお寺に放されるそうです。
そうするとお寺が最期まで面倒を見てくれるとのこと。
みなさんも私と同じくお寺にはあんまり興味がないでしょうから、
タイの犬をいろいろと撮影してアップしてみました。
ちなみにアメリカンコッカースパニエルは見かけませんでしたね。
(車中から、金持ちらしき家に飼われているイングリッシュコッカーは発見しましたが…)
画像

画像

画像

画像

「エメラルド寺院」という場所ではYURIが変てこなポーズできめています。
画像

「涅槃仏」も見ました。金色の巨大な仏像が横たわっています。
足の裏にはちゃんと指紋もありました。
画像

お寺のほかに「王宮」にも行きました。
現在のタイ国王は『ラマ9世』という人とのことですが、
この王宮に今は住んでいないとのことです。
ちょうど行った時、1日1回行なわれる衛兵の行進に遭遇しました。
画像

とまあ、タイのファーストインプレッションはこんな感じです。
こうしたところを観光するのがバンコク旅行では定番なんでしょうね。
市内を勝手気ままにぶらぶらとうろついた様子はまたあらためて紹介します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえりなさ〜い!
今回ラスくんはお留守番だったので、今頃大興奮で遊んでもらっていることでしょうね。
私はバンコク未体験ですが、とにかく寺院巡りなんですね(私も寺院には興味なしです・・・笑)
ラスくんの代わりにたくさんの「タイ犬?」たちの紹介はおもしろかったです。
お食事内容がよかったのはラッキーでしたね。
食事がマズイのはホントに困りますので(-_-;)
続きのレポートも楽しみにしてま〜す♪
のの
2006/09/16 13:36
おかえりなさ〜い!!
今頃はラスくんとの感激の再会を済ませて〜の〜んびりしてるのでしょうかね〜(笑)
雨季の時期と言っていましたが道路も濡れているようでもないのでお天気に恵まれて濡れることなく旅行が出来たんですね〜♪
タイと言えば寺院。。そして今はプーミポン国王座位60周年で賑わっていたことでしょうね!!
市内観光のオプションのお食事に興味ありあり〜♪(笑)
続きを楽しみにしています〜♪
ドナ
2006/09/16 16:07
●ののさんへ●
空港での再会でラスティは大興奮!と思いきや、毎日仕事から我が家に帰ってきた時とあまり変わりませんでした。
ほんの一瞬だけはしゃいだらあとはひたすらマイペース、ただ帰りの車の中で運転する私の顔を何故か長時間じーっと見つめていましたが。
寺院巡りをしたことで、タイから人間には見えないような「何か」を連れてきてしまったのでしょうか…。
市内観光でセットになっていた食事は、昼食が『コカレストラン』という店の「タイスキ」、夕食が『ソンブーン』という店の「プーパッッポンカレー(蟹カレー)」を始めとするタイ料理のセットでしたが、ともに有名なお店で味もかなりのものでしたよ。
管理人《さと》
2006/09/16 19:58
●ドナさんへ●
雨季とは言っても1日中雨ではないんですよ。曇ってきたかな?って思ったら「ザーッ」とスコール状態の雨が毎日度々ふってきました。
でも、そういう時はショッピングセンターの中でしばらく待機していればすぐに雨はやんでくれましたので、旅行にあまり影響は無かったです。
ところで在位60周年って良くご存知でしたね〜。国王の生まれた月曜日のカラーというのが「黄色」と決まっているらしく、月曜日は街中のほとんどの人が黄色いポロシャツを着用してました。
もしかしたら写真の中にも何人か写っていると思います。
管理人《さと》
2006/09/16 19:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バンコクに行ってきました(その1)★ RUSTY OF HAPPY CLARICE JP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる